はいから和楽器祭2007 ~楽しくなくちゃ意味がない!~power of smile

第2回目となった2007年の目玉は第1部トリの涙そうそうと体験ひろばに 尺八が加わったことでしょう。
念願の尺八コースを開講し、さらに同年秋の現代邦楽三味線コースの開講を前に 講師演奏で尺八の音と現代邦楽を代表する杵屋正邦氏の作品を披露していただきました。
涙そうそうでは沖縄三線と筝コース以外の出演者に歌を歌っていただき、出演者全員によるフィナーレを飾りました。


この会から第1部の曲順をランダムにした影響でステージチェンジに時間を要した結果、
時間がたいへん押したニガイ思い出が・・・。(笑)それでも先生方のがんばりで何とか無事終えることができました。(羽鳥雄一)

■2007年8月26日(日)12時30分開演
■大田文化の森 多目的室

◇第1部◇レッスン生発表会(12:30~14:30)
1.越後獅子 【長唄三味線コース】
2.春よ来い 【筝ポピュラーコース】
3.娘七種 【長唄三味線コース】
4.りんご節 【津軽三味線コース】
5.六段の調 【地唄三絃コース】
6.水面 【筝古典生田コース】
7.鷲の鳥、安里屋ユンタ、芭蕉布、かたみ節 【沖縄三線コース】
8.津軽じょんから節/曲弾き六段~七八九段 【津軽三味線コース】
9.さくら三下がり、二種の三絃による三つの楽章 【津軽三味線コース】
10.津軽あいや節 【津軽三味線コース】
11.三味線メドレー 【長唄三味線コース】
12.涙そうそう 【沖縄三線コース&筝コース】